ハロージュラック!
 ハロー、ジュラァアアアアアックッ!!

471032

 なんとついに、ついに! 待望の恐竜族新規が発表されました!
 その名も、幻創のミセラサウルス! ジュラックと同じ炎属性恐竜族のモンスターです!

IMG_20160927_194150

 メインフェイズに手札から捨てることで恐竜族に効果耐性を持たせる効果、このカードを含む恐竜族モンスターを墓地から除外してデッキから恐竜族を特殊召喚する効果を持っています。

 前半の効果により、恐竜族モンスターを安全に展開することができます。とはいえ、効果耐性を持つのはメインフェイズのみであり、恐竜族自体がバトルフェイズに効果を発動するモンスターが多い都合上、過信は禁物です。
 とはいえ、相手メインフェイズを安全に凌げるというのはありがたい。特にジュラックの場合、メインフェイズ2で展開することも多いため、確実にギガノトやラギアへ繋げられる点は非常に心強いです。
 また、手札から簡単に墓地へ送れるため、後半の効果にも気軽に繋げられる点も大きいです。

 後半の効果により、恐竜族モンスターを呼ぶことができます。とはいえ、恐竜族には化石調査というレベル6以下の恐竜族をサーチできる万能カードがあるため、直接特殊召喚して召喚権を残せるという点で差別化を図りましょう。
 実際、恐竜族は展開手段が乏しく召喚権の取り合いになりやすいので、これは嬉しい効果。ただし、墓地の恐竜族モンスターを大量に失うため、アウロ以外を特殊召喚する場合には、墓地のジュラックモンスターの数により打点を上げるギガノトとは相性が悪いため、注意が必要です。

 この除外効果と相性が良いのが、このカード!

427f3ad6ad57e0c9d9cf5b0c269b5b48

 除外された恐竜族モンスターの数によって打点が上がるため、ミセラ効果で4体除外しこのカードを呼べば、それだけで4000打点のモンスターが立ちます。打点重視の恐竜族デッキでは心強い切り札となります。
 ただし、現時点で除外でメリットのある恐竜族モンスターはこのカード以外に存在しない(と思う)ので、このカードで一気にトドメを指すか除外帰還ギミックを取り入れなければジリ貧になっていくため、ご注意をば。一応、ミセラ効果で効果耐性を持たせられるとはいえ、それ以外ではただの打点のみの実質バニラのようなモンスターになってしまうので……。

 また、ミセラ効果によりグアイバを特殊召喚、さらにレベル4恐竜族やモノロフなどのチューナーを通常召喚することにより、ラギアやギガノト、メテオなどの強力な恐竜族モンスターをメインフェイズ1の時点で立てやすくなりました。

img10143209570

 さらに、ジュラックの場合、ミセラ1体の除外だけでアウロを特殊召喚できる点が非常に強いです。

80834626

 ミセラを捨て効果耐性を与え、すぐにミセラを除外、アウロを特殊召喚しリリースして任意の下級ジュラックを特殊召喚の流れを召喚権無しに行えます。
 また、アウロを簡単に墓地へ落とせるということは、

card100010473_1

 爆発展開も簡単に行えるということになります。これは嬉しい!

 また、グアイバの戦闘破壊効果は、優秀ながら打点的に戦闘破壊できず展開が行えないということが多々ありましたが、墓地にグアイバ(もしくはレベル3チューナー)がいる状態でミセラ除外アウロリリースグアイバ(もしくは (ry )特殊召喚の流れができれば、手札からチューナーかグアイバを召喚しギガノトをシンクロ召喚、爆発でアウロを特殊召喚しリリースでグアイバ特殊召喚すると、グアイバの基礎打点が2100以上となり、バーニングブラッド適応下なら2600以上、結束中なら2900以上となり、戦闘破壊も可能性が見えてきます。

Jurack-Guaiba

 この特殊召喚効果、とにかく楽しいんです!

 ミセラ自身がレベル4恐竜族であるため、ラギアをエクシーズ召喚することも、ギガノトのシンクロ素材とすることもできます。

card73709059_1

 また、1800打点ということを生かしてアウロとミセラでヴェルヒプトをシンクロ召喚すれば、素の打点が2000となります。

card73708774_1

 まぁ、だからどうしたという話ではありますが、こいつはこいつで占術姫や聖なる魔術師を潰せるので、候補の1つとして一応。

 さらに、炎属性であるため、炎王の力を借りて炎王炎環による展開も行えます。

card100010469_1

 このカード、ジュラックに入れておくとギガノトの蘇生やリリースエスケープ、グアイバを追加展開したりと、展開の幅が広がって良い動きを見せてくれるんです。もう、ジュラック炎環といっても過言ではないでしょう。


 恐竜族新規がこのカードだけなのか、それともテーマとしてさらに増えていくのか、気になるところではありますが、コナミが恐竜族を忘れていないということは分かったので、それだけで満足です。
 願わくば、恐竜族をほどほどに強化しファンデッキとしてそれなりの強さへ高めてくれる新規がじわじわ来て欲しいものです。ただ、環境レベルの強カードを出して化石調査を規制するのだけは、やめてくれ……頼むから。

 それでは、また!

 ハロージュラック!

 本日は古代の機械ストラクの発売日でしたね! もちろん購入させていただきました! 再録も豪華で古代の機械も次弾強化によりオベフォごっこが捗りそうなので、購入不可避ナノーネ。

IMG_20160924_221704

 ストラクと、古代の機械のスリーブです!
 ……と言いたいところなのですが、残念なことに古代の機械スリーブがどこも売り切れてしまっており入手できなかったため、代わりのジガルデパーフェクトフォルムのスリーブを購入しました。いや、もともと完全体ジガルデが好きだったので、これはこれで満足です! ただ、古代の機械スリーブの色合いがカッコよかったので、後日、どこかで見かけることがあったら是非とも購入したいところです。

 そして、ストラク同梱のプレイマットがこちら!

IMG_20160924_221749

 か、カッコイイノーネ!

IMG_20160924_221715

 ちなみに、カードを配置してみるとこんな感じです。どこかのタイミングでやんわり使っていきたいですね。毎度ながら、ストラク同梱のプレマはなかなかデザインが秀逸でたまらないです。

 ちなみに、こちらがジガルデスリーブです。

IMG_20160924_221802

 ポケモンスリーブは350円くらいで内容量が32枚となっているため、遊戯王等他のカードゲーム、もしくはポケモンカードでスタンダードデッキを組む場合には、2つ購入が必要となります。結果、金額的にはキャラスリとあまりの変わりません。

 と、いうわけで、今回の購入物でした。
 オーバーロードフュージョンは、昔DTを回していた時に持っていた記憶があるので、これで安心して混沌や犬を待てます。あー、はやく融合古代の機械を組みたい!

 それでは、また!

 ハロージュラック!

 さて、昨日9月16日は待ちに待った……

51-HTDXEo7L

 アクセル・ワールドのサプライ発売日でした、ででん!
 黒雪姫、あぁ、なんと麗しい……。あの耽美な表情、黒色主体のおしゃれな色合い、そしてなにより黒雪姫様の美しさ……くぅ、たまらん。

 と、いうことで、テンションがあがって色々と買いすぎてしまった結果がこれです。

20160917_020046308
IMG_20160917_021053
20160917_015812729

 AWのスリーブが最新3種、過去1種、ストレージボックスが1つにデッキケースが2個、ついでにラブライブの東條希がいる3年生スリーブを2個、そしてブックオフにて遊戯王関連の本を数冊です。
 しっかりと遊戯王ブログであることは忘れていないところは評価していただきたいところです←

 さて、まずはストレージボックスとデッキケースに関して、

20160917_020120756

 デッキケースの裏面はこんな感じになっていました。AW好き、もしくはヴァイスでAWデッキを組んでいた人ならば、馴染み深いイラストだと思います。
 基本的にストレージボックスでデッキを持ち歩く派閥なのですが、持っていきたいデッキが少し多い時や荷物を減らしたい時にデッキケースが重宝するので、使い分けていきたいところです。

IMG_20160917_021105

 ちなみに、スリーブに関して、上の段が最新サプライとなっております。こんなに買うつもりではなかったのですが、黒雪姫を見ていると気がついたらサイフが勝手に!
 あと、AWも遊戯王も関係ないですが、ラブライブの東條希(以下、のんたん)が大好きなので、このタイミングで購入。
 今までにも

20160917_020543835

 ストレージボックスや

IMG_20160917_021113

 スリーブなど、のんたん関連のものが地味に増えています。やはり、好きなキャラのサプライはテンションがあがりますね! スリーブを見るためだけに、そのデッキを使いたくなる、などということも多々あります。

 あ、画像のデッキは地味にKozmoとレモンリゾネですね。

 そして最後に、遊戯王関連の本について。マスターガイドは3と4しか持っていなかったので、2とターミナルガイドを購入。また、ヴァリュアブルブックも持っていない巻を購入。機皇帝の巻ですね。
 また、珍しいものも見つけました。

IMG_20160917_021027

 1995年発売の公式ガイドスターターブックです。
 価値がある本ではありませんが、vol.2までの最初期の本というだけあって、内容もなかなか興味深いです。つっこみどころが満載で!

IMG_20160917_021039

 爬虫類族:攻撃力・守備力とも平均以下、モンスターの数も少ない。(悲しみ)

 他にも、「スタンバイフェイズ(ただし、現時点でここで効果を発動するカードはありません)」や「デッキレシピ紹介:このファンデッキは恐らく最弱だろう」など、つっこみたくなる部分も多いです。
 ただ、上級者向けとしてエキスパートルールが紹介されていたり、先攻ドローの有無、当時カードプールにおける強カードがエルフの剣士であるなど、なかなか興味深い部分も多かったので、読み物として普通に面白かったです。

 と、今回の収穫はこんな感じでした。
 いつか、持っているサプライ関係をまとめてみるのもなかなか面白そうですね。

 それでは、また!

↑このページのトップヘ